2012年08月15日

夏新 入荷しました。

お待たせいたしました。

本日、夏新入荷いたしました。

今年は、天候に非常に恵まれて例年にない非常に良い出来です。

早速試し打ちを行いました。

粉は綺麗な薄い緑で良い感じ。

七月に収穫された雄国夏新は、確り熟成しており青臭さはほとんど感じません。

実も確りしていて申し分ありません。

更に熟成が進んだ9月頃最高の状態になった時が楽しみです。

明日から店で販売しますが、味の薄さを補うために、当分の間は、11年度産を二割ほど混ぜて打ちます。

是非、召し上がりに来てください。

手打そば やまさと

0555−62−6262

ご予約での蕎麦コースがお奨めです。DSCN1704web.jpgDSCN1515aweb.jpgDSCN1524aweb.jpg








posted by やまさと主人 at 16:36| 山梨 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

夏新が入荷します。

私たちのお店で契約栽培している。

裏磐梯雄国の山の蕎麦

では、

二毛作

をしていただいております。

その、最初のお蕎麦、

夏新

が、刈り取りし、乾燥熟成を終えて

来週15日に入荷します。

夏のお蕎麦がヒネて色も香りも劣化したさなかに入荷する

新蕎麦」

です。

以前の

芦屋亭

では、この時期、大行列が出来たものでしたが、「やまさと」は、こっそり開店したためスムーズに召し上がることが出来ます。

キラキラと光る山中湖の湖面をゆったりと眺めながら、「夏新」を楽しんで下さい。

0555-62-6262

夜の御予約がお得です。

DSCN0439Web1.jpgDSCN1049web1.jpg



posted by やまさと主人 at 22:13| 山梨 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月06日

山中湖に戻って

今回、山中湖であえて

「芦屋亭」

と言う屋号を使わず

「やまさと」

と名乗りました。

山中湖で少しづつお客様に広まっているようで、昨日も
「ここは、あの芦屋亭さんだったの!また、戻ってきてくれたの!嬉しい!」
と年配の別荘を持つご夫婦にお話をいただきました。

「やまさと」と名乗った理由は、私自身

「この地で骨を埋めるまで蕎麦を突き詰めたい。」

「いつまでも震災を引きずりたくない」

そして

「5月からずっと心不全で入院している85歳の父を励ます為」

父は病室で店のリーフレットを眺めて
「早く退院してお客さんに挨拶せなあかんな。」
気丈なところを見せています。

自分の気持ちを引き締めてお客様や支援してくださっている方々に
「美味しい蕎麦!とても嬉しい!」
とおっしゃっていただくのに。
職人として考え直す部分がたくさん出てきました。

今までの私は、
「他の職人に負けたくない!」
こんな事を考えて蕎麦切りをしていました。

勝他

の精神ですよね。

今回の私は、
「本当に喜んでいただける蕎麦は?」
このように

自行化他

の考えて仕事を切り替えています。

そうすると、
「私の仕事はこうだから変えない!」
と思っていたのが、
「お客様に喜んでいただける仕事は?」
と感じながら仕事ができます。

たとえば、

「お年寄りには?」

「お子様連れには?」

「若いお客様には?」

「お酒を召し上がるお客様には?」

それを感じて調理するとき「私の仕事はこうだ!」と考えている自分の生温さ(なまぬるさ)を感じました。
もっと、緊張感をもって毎日を少しずつ積み重ねたいです。

今日は、テレビ東京さんの撮影があります。
放送日が決まればまたお知らせしますね。

0555−62−6262

夜のそばコースがお勧めです。お電話お待ちしてます。画像 012web.jpg画像 005web.jpg??3.jpg








posted by やまさと主人 at 07:09| 山梨 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

そこまでしても雄国にこだわります。

契約栽培雄国蕎麦への拘り
契約栽培 福島県裏磐梯 雄国の蕎麦は、飯豊山麓に雄国池があり、裏磐梯の高原育ち「仙人の住む所、旨い蕎麦あり」と言われているような場所で収穫されます。
また水はけの良い土地で、寒暖の差も激しく、蕎麦の育成に最適です。

私たちのお店のリーフレットでは、このようにうたっています。
要するに味わいの濃い蕎麦が収穫できる条件は、

1昼と夜の寒暖の差が激しいこと

2水はけの良い土地であること

3本州に産地があり台風があまり通過しないこと

それが雄国なのです。
このような場所で収穫される蕎麦は、甘皮が厚く蕎麦を打つには繋がりにくく厄介な粉になるのですが、クセのある味わいが実に濃い蕎麦になります。

ですから、どうしても雄国を使いたいのです。

写真の書類は、放射能検査の書類です。

産地の農協と小田原の製粉会社で二重の検査をしております。

蕎麦を打つ姿勢にも気合が入ります。

手打そば やまさと

0555−62−6262

只今夜のご予約受付中

全粒検査.JPG画像 005web.jpg画像 005web.jpg

posted by やまさと主人 at 16:31| 山梨 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

小さなお庭。

庭4.JPG庭1.JPG庭3.JPG

今回のお店には前面道路とお店の間に小さな小さなお庭があります。
すごく繊細な感性を持たれている村の業者さんは、今回の施工で妥協を許しませんでした。

エドシボリ・ベニドウタン・ヤグラン・トウキョウドウタン・ヒオウギ・ハイビャクシン・ヒイラギナンtン・ピラミッドアジサイ・アオシダレ・ヤマアジサイ・フイリウツギ・ミツバツツジの白・シャクナゲ・シラアシ・ミツマタ・フイリツゲ・・・・・

なんと!なんと!揃えた揃えた富士北麗地域の草花を。

私も只今覚えるのに必死です。
お客様がご来店の際、即座に答えられるように目下勉強中。

なんだか京都の料亭みたいになってきました。

手打そば やまさと
0555−62−6262

只今夜のご予約受付中。
posted by やまさと主人 at 22:13| 山梨 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

富士の湧水はやはりすごいです。

sakasahuji2web.jpg

現在、使用しているお水は富士山のお水ですが、その実力はやはりすごいです。
私は、蕎麦を打つためにある水だと思います。


まず第一に硬度がそんなに高くないので蕎麦の繋がり具合が実によろしです。

硬度が高くなるとどうしても繋がりが悪くなります。

そして第二に、水温が非常に低い事。

通常街場で蕎麦屋を営業するときは冷水機が不可欠ですが、真夏でも異常なほど水温は低いので茹で上がった蕎麦は確り締まります。

山中湖に戻り、この地で再び蕎麦切りを復活させましたが、以前からご贔屓頂いているお客様からも

「山中湖での手打そばが一番いい!」

とお褒めをいただいております。

材料は、雄国の最高水準、契約栽培の蕎麦。
水は、蕎麦を打つために湧き出てきた富士山の湧水。
職人は私でなくてもこれだけの材料が揃えば美味い蕎麦になるようです。

手打そば やまさと
山里 薫

0555−62−6262

只今、山中湖報湖祭ご予約受付中
posted by やまさと主人 at 18:47| 山梨 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

8月1日 報湖祭のお席ご予約について。

山中湖の夏と言えば8月1日「報湖祭」

山中地区・長池地区・旭ヶ丘地区の三ヶ所の花火が同時に見ることが出来る当店のお席ご予約を只今ま受け付けております。

お料理は、

「蕎麦の打ち立てコース3,500円」

にてご用意させていただきます。

Dscn0151web.jpg0555−62−6262
posted by やまさと主人 at 11:30| 山梨 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

店内ご案内


店内1.JPG

店内2.JPG

店内1 (2).JPG
今度のお店ですが、とにかくゆとりの空間です。

ゆったり6名様でお食事ができる個室。
ご予約でお取りすることができます。

全席 掘りごたつ式のお席
ゆっくりとお時間が楽しめます。

現在外構工事中ですが、入口のお庭(出来上がったらアップしますね。)

そして、窓からはすぐそばに山中湖がキラキラと輝いています。

自ずと蕎麦を打つのも緊張します。

手打そば やまさと
0555−62−6262
posted by やまさと主人 at 17:36| 山梨 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

コースメニュー

蕎麦コース3500円B.JPG

この度のお店の、目玉はこのメニューです。
八寸・湯葉の刺身・煮物・鴨焼き・天ぷら・蕎麦・甘味他
これだけ付いて3,500円のお得なメニューです。

できるだけ、ご予約にて承りたいと思います。
宜しくお願いします。

手打そば やまさと
0555-62-6262
posted by やまさと主人 at 22:49| 山梨 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

粗挽き田舎蕎麦健在\(^o^)/

田舎そばアップ.jpg

蕎麦の記事を書くとどんどんマニアックになって
「ついていけない\(^o^)/」
と嫌われる私です。

さて、今回粗挽き田舎蕎麦を改造しました。
材料は、裏磐梯雄国の私が最も愛する世界一味わいの濃い山の畑の霧下蕎麦。
それを、田舎蕎麦にするのですが、私の譲らない理屈で甘皮を多く入れて田舎蕎麦としています。

すなわち、緑の星が入った田舎そばです。

何度も言いますが、鬼皮ごと製粉した黒い星の入った蕎麦は、雑菌が入って切れやすくなるのと鬼皮は、ゴミです。
お客様にゴミを召し上がっていただくワケにはいきません。
そんな蕎麦はメラニンの味しかしませんから!!!
これを蕎麦として販売しているお店の気持ちがわかりません。

今回の粗挽き田舎蕎麦にはツナギを入れました。
そのことによって粗挽き粉(砂のように挽いた粉)を沢山配合することができました。
ゴツゴツとした麺ですがシッカリ繋がっています。

好みはありますが、以前の粗挽き田舎蕎麦より良い感じだと思います。
私のオリジナルの蕎麦です。
是非召し上がって下さい。

店主 山里 薫

posted by やまさと主人 at 08:54| 山梨 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする