2016年04月21日

連休中の営業と私たちの蕎麦道具

thumb_IMG_0312_1024.jpg

thumb_IMG_0316_1024.jpg

thumb_IMG_0312_1024.jpg
みなさまこんにちは
今回は、私達のお店の道具について。
お世話になっているのは、台東区にございます仙千代のブランドで業界では有名な「建春」さんです。
中々きっかけを掴みそこねて包丁で削れて大きく掘れていた切板をようやく削っていただくことができました。
こちらの会社では、その他に麺棒・こま板などそば職人の命とも言うべき道具を全てカンナで削る高い技術で作っていただいております。
最近カッパ橋に陽鶴(ひつる)と言う名のショップを出されました。
https://www.hitsuru.jp/
かっぱ橋へ足を運ばれる機会がございました是非!
5月連休期間中は無休で営業します。
posted by やまさと主人 at 16:35| 山梨 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

手打そば やまさと アニバーサリーライブのお知らせ

IMG_0283.jpg

みなさまこんにちは。
東北の震災、3・11が近づいてきました。
私自身も阪神淡路の震災を経験し多くの財産を無くしました。
私達自営業者にとっては、当時守ってくれるものは何もなく。
自分の全てを破壊されたように思いました。
今、山中湖で再び手打蕎麦屋を営業させていただいております。
およそ20年を振り返って壊れそうになりながら潜り抜け。
今、自分自身と戦い続ける「心の財産」を持てたことに幸せを感じています。
東北の皆様にも、私が自分と戦い続けることによって勇気と励ましを伝えたい。
そう思って蕎麦を打ち続けています。

4月9日(土)、ジャズ界の大物シンガー「大野えり」さんをゲストに迎えて行う家内「綾瀬智子」のライブにもそのような思いを伝える事が出来たらと思っています。

チケットは、お店でも直接販売しています。
前売り4000円(当日4500円)となります。
場所:富士吉田市ふじさんホール
開場18時 開演18時30分

皆さま、宜しくお願いします。

東北の被災者の皆様の為にも、頑張ります!

posted by やまさと主人 at 12:26| 山梨 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

関西人の節への考え方

節.JPG

みなさんこんにちは。
先日の嵐のような春一番!
まだまだ寒い日は続きますが確実に春が近づいているように思います。
さて、今回はダシについての情報です。
私達関西出身の職人は九州産の節を好んで使います。
これは、静岡県焼津などの節と加工の方法が異なるからです。
九州の生産者は水揚げされた魚を海水で洗いそれから加工します。
その他の地域では真水で洗うことが多いです。
これにより海のミネラルがたっぷり付着した節となるのです。
節には様々なランクがあります。
そして加工する生産者によっても味が変わってきます。
私達のお店では、
昆布と枕崎産本枯節厚削りでとったざるそば用の鰹の純粋な味わいのダシ!
昆布、本枯節、さば節、うるめ節、鯵節、アゴ節をブレンドした風味豊な湯葉せいろなどに使う調理用のダシ!
そして、鴨のガラダシに先ほどの調理用のダシを合わせて作った鴨せいろ様のダシと三種類のダシをとっています。
そして、自然の味だけで作られたダシですから人工的な調味料を施したダシとは少し違うと思います。
最初に述べたように海水で洗う九州の節ですからこのような作り方が出来ます。
その他の地域の節では、節に予め化学調味料をまぶした商品もあります。
味は、解りやすくなるのですが、どうしてもそれが出来ないのが関西流です。



posted by やまさと主人 at 13:48| 山梨 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

蕎麦の旬の時期です。

皆さま、こんにちは
厳しい寒さが続いておりますが、山中湖「やまさと」はくじけず営業しております。
2月は、お蕎麦が一番美味しい「旬の時期」です。
10月に収穫された新蕎麦は、その後熟成が進み、冬の寒い気温で保存されることで旨みが益々良くなっていきます。
また山中湖では、2月の末まで「ダイヤモンド富士」16時前後に、ご覧になれます。
2月5日  16時13分 長池親水公園付近
2月8日  16時19分 ママの森付近
2月12日 16時30分 流れ込み付近
2月16日 16時33分 きらら付近
2月22日 16時35分 静山荘付近
2月25日 16時50分 パノラマ台付近
ぜひ!お越しください。


diafijiDSCN0681Web.jpg
posted by やまさと主人 at 12:38| 山梨 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

年末年始の営業案内と宅配手打蕎麦

IMG_0253.jpg

皆様こんにちは、今年も残すところ2週間ほどで、年越し蕎麦。
年末年始は、通常と同じ火曜日定休日で15時までの営業となります。

さて、年越し蕎麦ですが、秋に刈り取った新蕎麦が熟成を深めて一番美味しくなった蕎麦の旬の時期でもあります。 
今年は、9月からの天候不順で雨の日が多く日照不足の為、蕎麦の発育が遅れて新蕎麦が手に入らないお店が出るほどです。
私たちのお店では、契約栽培による材料供給を施していますのでこのような心配はございません。

また、私どもで企画しております打ち立て冷凍蕎麦ですが。
ただいまご予約分をフルで生産しております。
店頭で、ツユ付き3人前(150g×3)で税込2,160円となります。
宅配でご注文のお客様には、
プラス送料500円 クール追加料金200円 代引手数料200円の合計900円が加算されます。
これらの送料諸々で2パックまで送れますので、多くのお客様は2パック単位のご注文が多いです。

ご注文方法は、
住所とお名前、電話番号、パック数をお電話、ファックス(0555-62-6262)もしくは、お店ウェッブページより発注フォームからお願いします。
締め切りは12月23日、発送は12月26日となっております。

今年もお世話になりました。
良いお年を!
posted by やまさと主人 at 14:27| 山梨 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

27年度産 雄国蕎麦畑視察

PA040091.JPG
先日、私たちの蕎麦畑がある裏磐梯雄国へ蕎麦の視察へ行ってまいりました。
8月後半からの天候不順で少し心配していましたがオペレータさんは笑顔で刈り取り作業。
一安心です。
乾燥調製を施し11月初旬には秋の新蕎麦として打ちます。
今日の新聞にノーベル賞受賞の御二方の謙虚なコメントに「人の恩」を大切にする事が書かれていました。
恩を自らの力に変える人にこそ大事は成せよう。
このように結ばれていました。
私達の雄国の畑も同じです。
生産者、現地農協、製粉会社、そして私達業務店。
お互いがそれぞれの立場で相手の事を8割で考えてこの契約栽培という企画は成り立っています。
そして、それは恩と言う絆で結ばれています。
恩を感じて今日もええ蕎麦打と\(^o^)/

只今、LINEお客様会員になっていただくと、もれなくすてきな特典をプレゼント!

是非、LINEお友達会員になってください。
素敵な特典を月2回配信しています。


http://qr.line.naver.jp/line_at/m/hth8714v.png

http://accountpage.line.me/hth8714v


posted by やまさと主人 at 07:31| 山梨 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

27年度産! 「夏新」打ってます。

夏新.JPG

皆様、おまたせしました。

夏の新蕎麦「夏新」が入荷しました。

今年は、8月5日の入荷!
翌日からお店で出しています。
さすが、この時期に仕入れることが出来た新蕎麦。
色は綺麗で、繋がりも良いです。
例年にない良い出来栄えです。
これから熟成が進み9月末から10月へ「夏新」は旬の時期を迎えます。
その後11月には「秋新」へ
皆様!
楽しみにしてください。
今年の「夏新」当たり年です・


新メニュー.JPG

また、

メニューデザインを一新!

芦屋DTPベースキャンプ、藤原社長のデザインです。

只今、LINEお客様会員になっていただくと、もれなくすてきな特典をプレゼント!

是非、LINEお友達会員になってください。
素敵な特典を月2回配信しています。


http://qr.line.naver.jp/line_at/m/hth8714v.png

http://accountpage.line.me/hth8714v

posted by やまさと主人 at 21:54| 山梨 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

夏の営業について

夏の花.JPG

何時も、お世話になります。
夏の営業についてお知らせします。

毎週火曜日が定休日ですが、8月31日まで無休で営業します。

夜の営業ですが、皆様の応援により、おかげさまでご来店人数が増え、仕込みの開始時間が夜中から開始しないと間に合わなくなりました。

体力面も考えご予約を受けることが出来なくなりました。

ご了承ください。

二毛作をしていただいている契約栽培雄国蕎麦ですが、最初の新蕎麦「夏新」は、8月5日入荷予定です。
入荷次第お知らせします。


只今、LINEお客様会員になっていただくと、もれなくすてきな特典をプレゼント!

是非、LINEお友達会員になってください。
素敵な特典を月2回配信しています。


http://qr.line.naver.jp/line_at/m/hth8714v.png

http://accountpage.line.me/hth8714v

posted by やまさと主人 at 18:59| 山梨 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

新鮮な蕎麦粉は白いのです。そんな蕎麦粉で打った麺は白いのです。

画像 005web.jpg

梅雨のジメジメした時期ですが如何お過ごしでしょうか?
体調など崩されておられませんか?
蕎麦にとっても梅雨は最悪の時期となります。
昨年、秋に収穫された秋の新蕎麦は、1月〜3月にかけての旬の時期を過ぎてドンドンとヒネてまいります。
この梅雨の時期から先は香り、風味も落ちて繋がりも悪くなります。
一般的には蕎麦の最悪の時期と言われています

石臼.JPG

さて、私ども「やまさと」の裏磐梯雄国産蕎麦は契約栽培されていますが、ここでも他を寄せ付けない工夫が施されています。


私達の蕎麦は「夏新」と「秋新」の二毛作を施しているのですが、
収穫した蕎麦は直ぐに現地の農協の保冷倉庫に保管されます。

そのまま、温度変化の無い状態を保ち私達のお店でその週に製粉する量だけが産地から送られてきます。
それを、お店の蟻巣石石臼で直ちに製粉し手打ちしております。
ですから、お客様にこの時期でも劣化していない新鮮な蕎麦を提供することが出来ます。

よく、お客様から
「ここの蕎麦は更科ですか?」
と聞かれることがございます。
「違います。全粒挽きです。」
とお答えしております。

蕎麦は、保管が良ければ全粒挽きでも私達のお店で扱っている様に白いままお客様に提供できるのです。

ましてや、私共の製粉は、限界まで細かく挽いておりますので、通常より味わいの濃い甘皮や子葉の部分が多く入っております。

それでも、新鮮な蕎麦粉を使えば色は白いのです。

来月、8月中旬には、二毛作の最初の蕎麦「夏新」が今年も入荷する予定です。
四季を通じて変化する味覚ですが、この時期の「やまさと」の蕎麦は四季に逆らってお客様に提供しております。

只今、LINEお客様会員になっていただくと、もれなく黒糖くず餅をプレゼント!

是非、LINEお友達会員になってください。
素敵な特典を月2回配信しています。


http://qr.line.naver.jp/line_at/m/hth8714v.png

http://accountpage.line.me/hth8714v
posted by やまさと主人 at 16:43| 山梨 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

LINEで特別情報流します。

画像 005web.jpg

LINEでお店のサイトを作りました。
とは言っても人里離れた山中湖。
リピートしていただくにも遠すぎますよね。
そこで、お友達登録していただいたお客様に(^^)/
特別蕎麦情報と通販の商品を値引き価格で流すことにしました。
準備にもう少しお時間を頂きますが、とりあえずお友達登録お願いします。
http://accountpage.line.me/hth8714v

ところで昨年は、秋の蕎麦が大凶作(´・ω・`)
茨城はほぼ全滅!
北海道も大幅な収穫減!
相場も大荒れ!
中には新蕎麦を100%で使えなかった店舗まで発生しました。
都内の老舗店と言えども外国産を混入するありさま(/ω\)

私達のお店は無傷です。
契約栽培していて良かったです。
本来なら、梅雨の時期!
蕎麦のコンディションは最悪の時期ですが(´・ω・`)
冬の間に施した様々な改革で( `―´)ノ
さらに食味アップ\(^o^)/

今日もエエ蕎麦打てまっせ(^_-)-☆


posted by やまさと主人 at 07:07| 山梨 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする