2015年10月09日

27年度産 雄国蕎麦畑視察

PA040091.JPG
先日、私たちの蕎麦畑がある裏磐梯雄国へ蕎麦の視察へ行ってまいりました。
8月後半からの天候不順で少し心配していましたがオペレータさんは笑顔で刈り取り作業。
一安心です。
乾燥調製を施し11月初旬には秋の新蕎麦として打ちます。
今日の新聞にノーベル賞受賞の御二方の謙虚なコメントに「人の恩」を大切にする事が書かれていました。
恩を自らの力に変える人にこそ大事は成せよう。
このように結ばれていました。
私達の雄国の畑も同じです。
生産者、現地農協、製粉会社、そして私達業務店。
お互いがそれぞれの立場で相手の事を8割で考えてこの契約栽培という企画は成り立っています。
そして、それは恩と言う絆で結ばれています。
恩を感じて今日もええ蕎麦打と\(^o^)/

只今、LINEお客様会員になっていただくと、もれなくすてきな特典をプレゼント!

是非、LINEお友達会員になってください。
素敵な特典を月2回配信しています。


http://qr.line.naver.jp/line_at/m/hth8714v.png

http://accountpage.line.me/hth8714v


posted by やまさと主人 at 07:31| 山梨 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

27年度産! 「夏新」打ってます。

夏新.JPG

皆様、おまたせしました。

夏の新蕎麦「夏新」が入荷しました。

今年は、8月5日の入荷!
翌日からお店で出しています。
さすが、この時期に仕入れることが出来た新蕎麦。
色は綺麗で、繋がりも良いです。
例年にない良い出来栄えです。
これから熟成が進み9月末から10月へ「夏新」は旬の時期を迎えます。
その後11月には「秋新」へ
皆様!
楽しみにしてください。
今年の「夏新」当たり年です・


新メニュー.JPG

また、

メニューデザインを一新!

芦屋DTPベースキャンプ、藤原社長のデザインです。

只今、LINEお客様会員になっていただくと、もれなくすてきな特典をプレゼント!

是非、LINEお友達会員になってください。
素敵な特典を月2回配信しています。


http://qr.line.naver.jp/line_at/m/hth8714v.png

http://accountpage.line.me/hth8714v

posted by やまさと主人 at 21:54| 山梨 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

夏の営業について

夏の花.JPG

何時も、お世話になります。
夏の営業についてお知らせします。

毎週火曜日が定休日ですが、8月31日まで無休で営業します。

夜の営業ですが、皆様の応援により、おかげさまでご来店人数が増え、仕込みの開始時間が夜中から開始しないと間に合わなくなりました。

体力面も考えご予約を受けることが出来なくなりました。

ご了承ください。

二毛作をしていただいている契約栽培雄国蕎麦ですが、最初の新蕎麦「夏新」は、8月5日入荷予定です。
入荷次第お知らせします。


只今、LINEお客様会員になっていただくと、もれなくすてきな特典をプレゼント!

是非、LINEお友達会員になってください。
素敵な特典を月2回配信しています。


http://qr.line.naver.jp/line_at/m/hth8714v.png

http://accountpage.line.me/hth8714v

posted by やまさと主人 at 18:59| 山梨 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

新鮮な蕎麦粉は白いのです。そんな蕎麦粉で打った麺は白いのです。

画像 005web.jpg

梅雨のジメジメした時期ですが如何お過ごしでしょうか?
体調など崩されておられませんか?
蕎麦にとっても梅雨は最悪の時期となります。
昨年、秋に収穫された秋の新蕎麦は、1月〜3月にかけての旬の時期を過ぎてドンドンとヒネてまいります。
この梅雨の時期から先は香り、風味も落ちて繋がりも悪くなります。
一般的には蕎麦の最悪の時期と言われています

石臼.JPG

さて、私ども「やまさと」の裏磐梯雄国産蕎麦は契約栽培されていますが、ここでも他を寄せ付けない工夫が施されています。


私達の蕎麦は「夏新」と「秋新」の二毛作を施しているのですが、
収穫した蕎麦は直ぐに現地の農協の保冷倉庫に保管されます。

そのまま、温度変化の無い状態を保ち私達のお店でその週に製粉する量だけが産地から送られてきます。
それを、お店の蟻巣石石臼で直ちに製粉し手打ちしております。
ですから、お客様にこの時期でも劣化していない新鮮な蕎麦を提供することが出来ます。

よく、お客様から
「ここの蕎麦は更科ですか?」
と聞かれることがございます。
「違います。全粒挽きです。」
とお答えしております。

蕎麦は、保管が良ければ全粒挽きでも私達のお店で扱っている様に白いままお客様に提供できるのです。

ましてや、私共の製粉は、限界まで細かく挽いておりますので、通常より味わいの濃い甘皮や子葉の部分が多く入っております。

それでも、新鮮な蕎麦粉を使えば色は白いのです。

来月、8月中旬には、二毛作の最初の蕎麦「夏新」が今年も入荷する予定です。
四季を通じて変化する味覚ですが、この時期の「やまさと」の蕎麦は四季に逆らってお客様に提供しております。

只今、LINEお客様会員になっていただくと、もれなく黒糖くず餅をプレゼント!

是非、LINEお友達会員になってください。
素敵な特典を月2回配信しています。


http://qr.line.naver.jp/line_at/m/hth8714v.png

http://accountpage.line.me/hth8714v
posted by やまさと主人 at 16:43| 山梨 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

LINEで特別情報流します。

画像 005web.jpg

LINEでお店のサイトを作りました。
とは言っても人里離れた山中湖。
リピートしていただくにも遠すぎますよね。
そこで、お友達登録していただいたお客様に(^^)/
特別蕎麦情報と通販の商品を値引き価格で流すことにしました。
準備にもう少しお時間を頂きますが、とりあえずお友達登録お願いします。
http://accountpage.line.me/hth8714v

ところで昨年は、秋の蕎麦が大凶作(´・ω・`)
茨城はほぼ全滅!
北海道も大幅な収穫減!
相場も大荒れ!
中には新蕎麦を100%で使えなかった店舗まで発生しました。
都内の老舗店と言えども外国産を混入するありさま(/ω\)

私達のお店は無傷です。
契約栽培していて良かったです。
本来なら、梅雨の時期!
蕎麦のコンディションは最悪の時期ですが(´・ω・`)
冬の間に施した様々な改革で( `―´)ノ
さらに食味アップ\(^o^)/

今日もエエ蕎麦打てまっせ(^_-)-☆


posted by やまさと主人 at 07:07| 山梨 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

お持ち帰り 冷凍蕎麦 新発売

冷凍蕎麦.jpg

お客様より、
「手打蕎麦を自宅に持ち帰り調理できないか?」
と言うご要望を沢山伺っておりました。

多くのお店が挑戦しましたが、劣化が早く気泡が入った手打麺は切れやすくデリケート過ぎてご家庭での調理が非常に困難とされてきました。

そのような中で「HRD磁気活性水」と言う水の成分を改造する装置のお話を伺い数年前から調査、研究に取り掛かりました。
この装置は磁気のようなものを水に当てて水の組織を変化させる装置で、都内の老舗手打蕎麦店はもとより大手コンビニチェーンの惣菜やおにぎりの調理施設にはすでに取り付けられているそうです。
早速、購入して試作、モニター実験などを繰り返し改良を重ねて今回、発売にこぎつけました。

富士山の湧水をこの装置で加工し、更にお店としては!
●世界最高の食味を持つ会津の霧下蕎麦「契約栽培 雄国産」を使用し冷凍しても食味がさがらないようにしました。
●蕎麦粉の鮮度を守るために収穫した材料をそのまま現地の保冷倉庫で保存!その都度送っていただきマルヌキにして、お店で製粉、手打しました。
●ご家庭でも麺が切れにくく調理できるように、蟻巣石自家石臼(熱を持たない希少天然石)により時間はかかりますが適正な細かさの粒子に製粉し、常識を超えた細かなメッシュで自動篩機に掛けました。

商品の内容は、
冷凍手打蕎麦麺 150g×3
冷そばツユ 270cc
蕎麦の茹で方説明書
の内容で
税別2000円(3人前) 
となります。

また、発送もお受けします。
1日限定の受注生産で出来るだけ翌日発送が出来るように励みます。
送料は、お店で料金をお支払いの場合別途700円
お電話、Eメールなどでお申し込みの場合代引き手数料と送料で別途900円頂きます。



お電話 0555-62-6262(火曜定休・受付時間10時〜16時)
Eメール qqdth645@ybb.ne.jp (受付の返信をいたします)

手打やまさとの新しい試みです。
宜しくお願いします。

posted by やまさと主人 at 07:17| 山梨 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

製粉を改良しました。

昨年、秋、収穫した新蕎麦が「旬の時期」を迎えました。
毎年、1月、2月は蕎麦屋にとってお客様のご利用が少なくなる時期ですが、実はこの1月2月は、秋に収穫したお蕎麦が一番美味しくなる時期なのです。

DSCN0439Web1.jpg

度々お知らせしておりますが、昨年収穫された秋の新蕎麦は、収穫した時点では、色は綺麗ですが、まだ水っぽく味は薄く熟成が足りないのです。
その、10月に収穫された新蕎麦を2か月ほど熟成しますと味、香りが増し最高の状態となります。
即ち、大晦日の年越し蕎麦から1月、2月、3月は、蕎麦実の熟成が増して最高に美味しい季節となります。

DSCN1704web.jpg



ここで、今年はちょっと工夫をしました。
電動粉ふるい機の導入です。
これにより、私たちのお店自慢の蟻巣石(細かな気泡が入った特殊で希少な火山岩)で挽く契約栽培霧下雄国蕎麦を今まで以上に細かく挽くことにより味わいの濃い甘皮や子葉の部分を多く含ませ、メッシュの細かなふるいに掛けることにより、麺を綺麗にしました。
具体的には、味の濃い、長く繋がった美しい麺を完成させました。
これにより、細かに挽いた「二八せいろ」と粗く挽いた「田舎せいろ」の差を味わい深さを両方とも更に深めながら触感と見た目を拡げました。

画像 008web.jpg

更に、この処理で打ち立ての手打麺を冷凍処理しご家庭でも茹でることができる可能性が出てきました。
年末に複数の友人へ通信販売しましたが、今のところ問題無いようです。
もう少し、改良を加えて製品化出来るようにしております。

私達が経験した阪神淡路大震災から20年、東北の皆様へ勇気と励ましを送るためにも今年も更に進化します。


画像 005web.jpg









posted by やまさと主人 at 14:42| 山梨 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

年末・年始の営業案内です。

今年もお世話になりました。
年末年始の営業をご案内致します。

年末ですが、12月23日(火)・30日(火)は臨時営業致します。
営業時間は、15時ラストオーダーとさせていただき夜の営業はいたしません。

12月31日大晦日の営業ですが、夕方18時まで時間を延長して営業致します。
但し、売り切れた場合は、直ちに閉店いたします。

年始ですが、元旦より営業致します。
営業時間は、15時ラストオーダーとさせていただき夜の営業はいたしません。

年始1月6日は定休日です。

以上、宜しくお願いします。

虹.JPG

2014年10月18日

2014産、秋の新蕎麦、大丈夫です。

2014雄国収穫1.JPG

私たちが命がけで取り組んでいる。
福島県裏磐梯雄国の霧下蕎麦畑、15日、16日とお店を閉めて家内、そしてお店のスタッフと一緒に行ってきました。
今回の視察は刈り取り前の大事な時期に襲った台風18号、19号の影響をこの目で確かめることです。
今年の秋の新蕎麦は、北海道産が天候不順で大打撃。
茨木でも、台風の影響で壊滅的な打撃を受けたようです。

2014雄国収穫4.JPG

現地に到着し雄国の山の斜面に広がる我々の蕎麦畑は全くの無傷。
実が熟した蕎麦は、非常に良好な発育です。

2014雄国収穫2.JPG

これで、皆様に今年も雄国産、秋の新蕎麦を召し上がっていただけます。
乾燥熟成を施し、11月初旬よりお店で打ち始めます。
posted by やまさと主人 at 07:43| 山梨 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

夏新が旬を迎えました。生産者さんの気持ちを大切にして出来ましたらお召し上がりからに注意してください。

画像 001.tenpu.jpg

私たちが、契約栽培をお願いしている。

会津の霧下、山の蕎麦!雄国

の二毛作最初の新蕎麦「夏新」が旬を迎えました。

何時も書いているように、新蕎麦は収穫仕立てでは青臭く熟成が足りないために昨年ヒネの「秋新」を2割ほど混ぜます。

ようやく、刈り取ってから2か月ほど経過した熟成が進んだ今の時期、夏新100%で打ち始めます。

何時も、この時期に思うのですが、おそらく

雄国の蕎麦は世界で一番味わいの濃いお蕎麦

だと思います。

ですから、この時期!
お蕎麦を、ツユにドップリつけてグルグルして召し上がる方は別として(笑)
蕎麦本来の楽しみ方をご存知のお客様に対して濃い蕎麦の味に負けないように濃い割合でカエシを合わせております。

単純に濃い割合でのカエシ合わせと申しましても、すべての味が出しゃばらないようにバランスよく仕上げるのが関西流。
少し高額なんですが、秘密の味醂と特別なザラメ、そして秘密のフォーティーファイドワインで柔らかく仕上げ。
そして基本の醤油は私たち関西人がなれ浸しんだ兵庫県播磨の醤油。

ですから、出来るならば、お蕎麦を少しつまんで麺先をツユに少しつけて召し上がってください。

そうすれば、最初に蕎麦だけの味と香りが広がりその後でツユがそれらを追いかけていきます。

生産者さんが心を込めて大事に栽培された特別な蕎麦です。
大切に味わってくださいね。

さて、10月下旬には「秋新」が入荷します。
その時に新蕎麦の味を補うのは今回の「夏新」です。
二毛作、後の新蕎麦は

ダブル新蕎麦

でお楽しみください。
posted by やまさと主人 at 05:43| 山梨 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする