2017年02月05日

やまさとのアプリが出来ました。

FullSizeRender-14.jpg

皆様こんにちは
お店の引越しも無事に終えて昨年12月29日より山中湖平野交差点の古民家で快適にお蕎麦を打っています。

さて、この度ラインの公式サイトを2月末で一旦休止して、「手打そば やまさと」のアプリを作りサービスを移行しました。

このアプリは、お客様の携帯電話をポイントカードとしてご利用になれるサービスです。
其の他にも、今まで通り蕎麦の季節と産地情報やウンチク、山中湖の観光情報をアプリ上に掲載します。
時々、本日1日限りの会員特典を流したりもしますよ。

入会方法は、
1. App Store (アイフォン)もしくはGoogle Play(アンロドイド)でマイコレをダウンロードしてください。
2. マイコレで電話番号検索「0555-73-9351」を行います。
3. 新規会員登録を選択して入会手続きをしてます。
これで登録完了。

ただいま。
山中湖は、ダイヤモンド富士ウィークで賑わっています。
寒いけど是非お立ち寄りください。
posted by やまさと主人 at 10:52| 山梨 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

元旦より営業しております。

新年あけましておめでとうございます。
山中湖平野地区へ引っ越ししたお店は元旦から営業しています。
さて、1月!
秋に収穫した秋の新蕎麦の熟成が進み、旬を迎えています。
色、味、香りの三拍子が揃った最高の蕎麦を召し上がっていただける季節です。
今年も宜しくご来店を心よりお待ち申し上げております。

新電話番号:0555-73-9351

画像 005web.jpg

posted by やまさと主人 at 07:53| 山梨 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

12月29日 移転オープンしました。

皆様、お待たせしました。
昨日、12月29日、無事に移転リニュアルオープン出来ました。
ありがとうございます。
新店舗の地図です。(Webページの住所更新が間に合いませんでした。すみません)

山中湖平野交差点より三国峠方面

エクシブ山中湖方面の2軒目です。

一軒目は、只今、村が古民家を改修工事しております。

新店舗地図.JPG

住所:山梨県南都留郡山中湖村平野115番地
電話:0555−73−9351
店内は、こんな感じです。

移転リニュアル1.JPG

年末年始、11時〜15時まで休まず営業します。
宜しくお願いします。
お待ちしております。
山里 薫
posted by やまさと主人 at 04:36| 山梨 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

お待たせしました!移転リニュアルオープンです。

皆様、お待たせしました。
山中湖平野交差点、古民家への移転準備が整いました。
平成28年12月29日(木)移転リニュアルオープンです。
今度のお店は、凄いですよ!
新住所:山梨県南都留郡山中湖村平野115番地(山中湖平野交差点です。)
新電話番号:0555-73-9351
新FAX番号:0555-73-9352
お待ちしてます。
posted by やまさと主人 at 20:11| 山梨 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

店舗移転、リニュアルオープン。

2014雄国収穫2.JPG

皆様、いつもお世話になります。11月22日に雄国産今年の秋の新そばが入荷し皆様に楽しんで頂いております。
今年の秋の新蕎麦は非常に発育が良く十分に熟成させて打ち始めました。
もちろん熟成が足りない分、夏の新蕎麦を混ぜて打っております。
すなわち、W新蕎麦です。

さて、告知です。
山中湖山中地区での営業を平成28年11月28日でひとまず終了し、場所を同じ山中湖の平野交差点へ移しリニュアルオープンします。
 今回リニュアルする建物は関東大震災直後に建てられた平野地区の旧家の古民家です。
 当初はリニュアルオープンを12月17日に予定しておりましたが、諸事情により工事が遅れております。
 オープン日が決定次第Web上でお知らせします。
皆様楽しみにしてください。
posted by やまさと主人 at 11:54| 山梨 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

契約栽培、福島県裏磐梯「雄国」、秋の新蕎麦の発育は大変良好です。

雄国秋花.JPG

皆様、こんにちは。
本州産、山の蕎麦専用畑で栽培される霧下蕎麦!
今年も、福島県裏磐梯雄国の畑に行ってまいりました。
今年の秋の新蕎麦は、非常に発育も良く大いに期待できます。
今回お話した生産者の植田さんは、雄国での蕎麦栽培にほれ込んで、今まで行っていた稲作を止めて蕎麦一本で夏と秋の二毛作に人生をかけておられる凄い方です。
ご一緒させて頂いた雄国での蕎麦栽培を確立させた久津間製粉(株)の会長、社長、幹部社員の皆様も安堵の様子。
現地の会津四つ葉農協の皆様も自慢の表情で笑顔満載でした。
そして、お客様への最先端で責任を持って蕎麦打ちする私「やまさと」、栃木「関」さん、相模湖「休屋」さん。

生産者様、現地農協様、製粉会社様、そして、それらを蕎麦打ちする私達職人。
全てのスタッフがお互いの仕事に感謝して続いている世界最高の蕎麦プロジェクト。
他では真似できません。

雄国、秋の新蕎麦は乾燥熟成を経て11月中旬ごろに打ち始めます。
当初は、新蕎麦の食味の不安定さを補うために夏の雄国新蕎麦を混ぜて打ち出します。
熟成が進んだ年末「年越し蕎麦」の頃には旬を迎えます。
そのころには、新店舗でお待ちしてます。
posted by やまさと主人 at 05:22| 山梨 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

秋の山中湖と松茸とハモのつけそば、そして産地視察臨時休業のお知らせ。

みなさまこんにちは。
少しずつ秋が深まり
こちら山中湖では早くも紅葉がほのかに色づき始めました。
10月22日より紅葉祭りも始まります。
10月15日からは、パノラマ台よりダイヤモンド富士が始まり場所と時間を変えながら来年2月末までご覧いただけます。
これからの紅葉とダイヤモンド富士が重なるシーズンは一年中で一番山中湖が輝く季節でもあります。

松茸とハモのつけそば.JPG

「手打そば やまさと」では、7月に収穫した夏の新そばが熟成し丁度旬を迎え、さらに今月中旬には秋の新そばの刈り取りが始まります。
季節限定メニューとしては「松茸と鱧つけそば」1700円を販売しております。
尚、10月17日(月)私たちのそば畑がございます福島県裏磐梯雄国に発育状態と刈り取りを視察に行きますので臨時休業させていただきます。
ご了承ください。
posted by やまさと主人 at 16:48| 山梨 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

夏新入荷! 今年のは、良いですよ!

皆様、何時もお世話になります。
12月の店舗移転が刻々と近づいてまいりました。
そのような中、契約栽培裏磐梯雄国で、二毛作されている最初の新蕎麦は、8月3日入荷しました。
これを、夏新と呼びます。
2014雄国収穫1.JPG
早速、突貫で製粉して本日よりそば打ちしております。
今年は、日照時間が十分で作柄は、非常によろしいようです。
収穫した蕎麦は産地の保冷倉庫でしっかり鮮度を守り小分けにお店へ送られてきます。
ですから、しっかり全粒挽きしていますが、色は、白っぽく薄い緑色になります。
更科蕎麦ではないですよ。
色が白いのは、材料の鮮度が高いからです。
そして、秋の新蕎麦は、11月初旬入荷予定です。
H25夏新.JPG
posted by やまさと主人 at 17:36| 山梨 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

夏季の営業について

皆様こんにちは、
避暑地である山中湖に夏がやってきました。
先ずは、夏の営業ですが、7月26日(火)から無休で8月末まで営業します。
そして、8月お盆の前後には二毛作の最初のお蕎麦、契約栽培雄国産、夏の新蕎麦
「夏新」
が入荷致します。
楽しみにしてください。

H25夏新.JPG
posted by やまさと主人 at 13:57| 山梨 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

雄国蕎麦のコンパクトな流通は無敵です。

皆様、何時もお店をご利用頂きありがとうございます。
さて、今回は梅雨時からの蕎麦について。

IMG_0285.JPG

契約栽培を施し産地の素晴らしいバックアップをして頂いている私たちの店では関係ない話ですが。

商社流通の材料を使用している一般のお店では、今の時期から去年の秋に収穫された蕎麦は急速にヒネが進み品質が劣化します。
ましてや、去年の秋の長雨で日照不足の凶作だった年は、さらに状況は深刻です。
それをご存じで無いお客様の中には
「この前と違うよ? 材料変えたの?」
このようにお店に疑問を持つお客様もおられるほどです。

私達のお店が一般の方法と異なるのは。
先ず、収穫した蕎麦を乾燥調製した後、現地農協の保冷倉庫で直ちに保管します。
そして、毎週挽く蕎麦を少しずつ送っていただき製粉会社で皮を剥いて頂きます。
お店では、蟻巣石の熱を持たない石臼で優しく挽いたばかりの粉を使い製麺します。
生産者、現地農協、製粉会社、私達業務店の連携!
コンパクトな流通が成しえる奇蹟の蕎麦が私たちの契約栽培「雄国」の蕎麦です。
posted by やまさと主人 at 17:14| 山梨 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする