2018年08月22日

一般のお蕎麦と手打蕎麦は、全く別の食品です。

みなさまこんにちは、
今週も台風19号・20号が日本列島に襲い掛かります。
被害が大きくならないように祈ります。
今年は、とてもハイペースで台風が生まれています。
最近の異常な気象は不気味なものすら感じます。

IMG_0290.jpg

さて、今回は一般的に召し上がっておられる蕎麦は、日本古来の手打蕎麦とは別の食品になってしまっている事をおしらせします。
その理由は、手打製麺された蕎麦は非常に早く劣化するために製麺してすぐに調理しないと切れてしまうからです。
したがって職人が製麺した蕎麦を店ですぐに調理しないといけないわけですから世の中に流通させるには非常に困難な食品だからです。

そのため、世の中では加水を少なくさせて一気に強い圧力を掛けて製麺するロール製麺が主流となりました。
ロール製麺された蕎麦は茹で時間は長くなりますが劣化しにくい丈夫な蕎麦となります。

また手軽に流通させる事を目的として製麺されているわけですから劣化の原因となる蕎麦粉の中で生きている酵母を加熱殺菌した加熱粉を使用します。
加熱粉は、加熱する事によって酵母だけでなく味や香り色まで飛ばしてしまいます。
蕎麦粉の鮮度や質に拘らなくなりますので、安い外国産で十分ですし高いコストを掛けて鮮度を守る必要がなくなります。

現在、簡単に流通させる事が出来る輸入の加熱粉を使ったロール製麺の蕎麦が世の中で蕎麦と思われているのが現状です。
面白い事にこれらの市場の蕎麦は鮮度が落ちた黒い粉の方が重宝されてよく売れます。
そして、さらに丈夫に製麺するために小麦粉の配合を多くさせます。
これを、私たちは「茶色いうどん」と呼んでいます。
世間でも、このような劣化が進み黒く変色した蕎麦粉で製麺された蕎麦を蕎麦の味だと思われているのが残念です。

このままでは、本当の蕎麦の色や味、香りをご存知でない方が増えてゆきます。
「手打そば やまさと」では、契約栽培を施して鮮度を守り店舗で自家製粉してこれ以上ない状態の蕎麦粉で毎日、手打製麺しています。

また業務卸やお持ち帰りでおなじみの冷凍手打蕎麦は国の補助金に採択された事業で最高の鮮度を保った契約栽培の材料を手打製麺して冷凍し市場への流通を可能とさせた全く新しい商品です。

私たちは、このようにして日本の伝統文化である蕎麦を守るために日夜研究努力しております。

8月は無休で営業いたします。(9月からは通常営業です)

週末は混雑する場合がございます。
お席のご予約は出来かねますが、
ご来店20分前にお電話いただきますと問題なく
優先的にお席にご案内できる様に手配いたします。

 また、移転先店舗はカーナビで検索できませんので、
0555-65-8251(ハラマチロッヂ)で検索してください。
その隣となります。

心よりお待ちしております。
https://www.yamasato.info/
posted by やまさと主人 at 19:19| 山梨 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。