2017年08月04日

今年も夏の新蕎麦始めました。

みなさま、こんにちは。
本日より今年も二毛作の最初の新蕎麦、「夏新」を打ち始めました。

IMG_0790.JPG

巷では、昨年収穫した蕎麦がヒネてきてコンディションが悪くなっている時に打ち始める新蕎麦は嬉しいものがございます。
まだ、収穫したばかりで味の薄い夏新はヒネを混ぜて味を補いながら打ち始めます。

IMG_0791.JPG

一言に二毛作と言っても熟練の生産者と巧く連携をとらないとお店で製麺することができません。
夏新の場合、春先に種を蒔いてその後、気温が上昇して行き梅雨明けに刈り取ります。
通常の秋の新蕎麦は夏に蒔き気温が下がっていく中で10月下旬から11月上旬に刈り取りを行います。
気温の変化が全く逆の中で蕎麦を栽培する生産者の方々の労力は非常に情熱の入った仕事となります。
今年の東北地方は雨が多く日照不足が懸念されましたが、中々の出来上がりです。

IMG_0792.JPG

都内からの涼しさを求めて日帰り旅行、山中湖へお越しいただきましたら是非!一足早い秋の味覚「夏の新蕎麦」を召し上がりにお立ち寄りください。

なお、お店は9月4日まで無休で営業いたします。
posted by やまさと主人 at 15:16| 山梨 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: