2012年12月06日

裏磐梯雄国産「秋の新そば」入荷しました。

皆様お待たせしました。
裏磐梯雄国産の
「秋の新蕎麦」
がようやく入荷いたしました。
産地からの出荷にあたり、
放射性物質の検査
を施さなければならず。
入荷が遅れたようです。

雄国放射能検査1.jpg


とは言え、以前に私どもの蕎麦に対してお客様より
「羊の皮を被ったオオカミ」
と評された様に、味の濃い素晴らしいお蕎麦に今年も仕上がりました。

以前より私どもがお話していますように、「新蕎麦」と言うものは
色は綺麗ですが、味が薄く少し青臭い香り
が鼻につきます。
そこで、それを補うために、
一般的には2割〜3割ヒネ(前年度産)を混ぜる
のですが、ご存知のように私たちは二毛作を施しております。
ヒネではなく!丁度熟成して旬を迎え一番美味しくなった
「雄国夏新」で味を補う
のですから贅沢な話です。
ここで、
「秋新+夏新のダブルブレンド新蕎麦」
が完成しました。

雄国夏新秋新1.jpg


私達の蕎麦は、ツナギを2割加える外二で打っていますが、
山の畑に限定した契約栽培雄国の味と香り
は、ツナギを2割入れたところでびくともしません。
だから、あるお客様が思わず一見普通のそばに見える雄国蕎麦を「羊の皮を被ったオオカミ」と感想されました。

そして、東北の皆様に勇気と励ましを送る為に阪神淡路の被災者として同苦出来る私は気持ちを込めて!
「福島雄国産ダブル新蕎麦」
を気を入れて打ちます。

posted by やまさと主人 at 17:58| 山梨 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック